[ English | Japanese ]

MIDI Music Composer

STed

for personal workstations

Last modified: Mon Nov 4 16:56:43 2002

前口上 | 最新版 | 更新履歴 | Link | Mailing List | 掲示板 | 戻る | English

STed2 とは、X680x0 というパーソナルワークステーション上で動作した、 高機能な MIDI シーケンスエディタ・ミュージックコンポーザです。
原作者は TURBO(故戸田貴之)氏です。

戸田貴之氏は、1997 年 12 月 4 日に 29歳 で亡くなられました。
ここに故人の比類無き才能を讃え、謹んで御冥福をお祈り致します。

当頁では、先頃公開された STed v2.07m のソースファイルを元に、 各種 UNIX ワークステーション上への移植を目的とした各種の情報公開などを行っていきたいと思います。




最新版はこちら

コンパイルには ncurses および X library が必要です。
なお、ncurses版の動作にあたっては、横 96 桁・縦 32 行の文字および漢字が表示できるコンソール、 あるいはターミナルエミュレータが必要です。

STed2 for Windows
Windows 版です。



関連ソフトウェア

rc_converters-20000429.tar.gz
(187188 bytes : gzip & tar : ソースのみ)

各種シーケンサが使用する データファイルを、RCP/R36 ファイルに変換するフィルタ群です。これも原作は TURBO 氏です。

の各ファイルフォーマットに対応しています。

更新履歴:
・autoconf & automake & gettext 化を行った
・コードの一部最適化 & 不要な部分の削除
(20000429)

sayleen

上記 miditools に含まれる rcptomid を置き換える目的で作られた、 RCP to SMF コンバータ & ライブラリおよび player です。 最大の違いは、配布条件を GPL2 としたことです。
STed2 では、以後こちらを使用していきます。

player の方は、SMF / RCP / R36 の演奏、および STed2 との同期動作が行えます。 シリアルポートおよび /dev/midi?? 経由で接続された外部 MIDI 機器を使用した演奏が可能です。

plm

バーチャル MIDI パッチベイです。複数の音源を同時に操作したい場合に利用できます。
ポート、チャンネル毎に出力先デバイスを切替えることが可能です。
また、一つのデバイスを入力、出力別々のデバイスに分けることも可能です。 STed2 で入力用外付キーボード、および音源を同一の MIDI コネクタに接続した場合には、 このプログラムを使用してデバイスの共有を行ってください。

マニュアルの HTML 版を、田辺敦司さんが作って下さいました。
STed2 HTML manual (ja)

井口剛<zinnia@jan.ne.jp>さんが、FreeBSD 用の Port を作って下さいました。

Linux 用では、 RedHat, Debian それぞれに binary distribution が作られています。
また、Kondara 向けの RPM ファイルを Nori <no_ri@kf6.so-net.ne.jp> さんが作ってくださってます



変更点 (20010303)

ChangeLog



配付条件

配布アーカイブに含まれるコンテンツについて、私が書いたコードおよびドキュメントは GPL2 扱いとします。 それ以外のソース・ドキュメント等に関しては、オリジナルの配布条件等に従います。




Mailing List

当 STed2 移植版に関する Mailing List が用意されています。 こちらの頁で登録等が出来るようになっています。
また、sted2-users-request@lists.sourceforge.net"help" とだけ書いたメールを送ると、折り返し説明書が送られて来ます。

流量がそう見込めないと思われますので、STed2 に関するネタなら何でも Ok としています。 移植版に限らず、オリジナルの X68k 版についてのネタもどうぞ。




関連リンク

General
Some Interesting Sound & MIDI Software For Linux
Linux に限らず、数多くの UNIX 用 Sound application が紹介されています。
4front technorogy
商用のサウンドドライバである OSS/[Linux,FreeBSD,...] の開発元。 Open Sound System へのリンクなどもあります。
Advanced Linux Sound Architecture
GPL、LGPLに従って配付される Linux 用の sound driver です。
AWE32 Sound Driver
Creative Technology 社謹製のサウンドカード、AWE シリーズを Linux や FreeBSD 上で動かすためのドライバです。専用 SMF Player もあります。
Linux と 時間
Linux で正確な時間制御を行うためのお話と実験です。
UNIX DTM Mailing List
UNIX で DTM をする人のための Mailing List。
BOMBER(Satoshi Arisue)ホームページ
故 TURBO 氏の遺作となった Software 群を公開されています。
STed 通
オリジナルの STed2 の紹介をされている頁。SC-88Pro 用の音色設定ファイルがあります。
MIDI Player
TiMidity++(出雲 正尚さん)
UNIX 他で動作するソフトウェア音源です。 オリジナルの timidity は、メンテナンスが終了したようです。
eplaymidi(倉持 聡さん)
playmidi の改良版です。
midiplay(端山 貴也さん)
RS232C 経由で MIDI 機器をコントロールできるツールです。
ちなみに、改造版が私の頁にあります。
Widi (山幡 為佐久さん)
mid, rcp(r36), WRD が再生できる midi player です。
srgplay (坂井 克也さん)
コマンドラインから起動する、シンプルな MID/RCP/R36/G18/G36 player です。
Sequencer
Brahms
譜面入力 & ピアノロール入力式のシーケンサです (旧姓 kooBase)。 CuBase に inspire されて作っているそうです。
Rosegarden
譜面入力、ピアノロールでの入力が行えるシーケンサです。 musicTeX での譜面情報の出力も可能。
Jazz
share ware のシーケンサ。リアルタイムおよびピアノロールでの入力が可能。
PCM と MIDI の同期も出来たりするそうです。
SPICE
MML 形式 to SMF のコンバータです。 Mule 上での統合環境もあります。


go home 微風工房ほーむぺーじに戻る


御意見・御要望などは
Studio Breeze. / 微風工房 / 長野大介まで
・当頁へのリンクは御随意に